データ作成ガイド

データ作成時の参考にご利用ください

  • HOME
  • データ作成ガイド
完全データ入稿

白押さえ・カットライン作成代行サービスは行なっておりません
作成前に一度著作権についてご確認下さいますようお願いいたします。

弊社で修正する必要のない完成した状態でデータを入稿いただくことを「完全データ入稿」と言います。
入稿されたデータに不備があった場合は、お客様に修正して頂き再入稿をお願いしております。
データチェックは行なっておりますが、見落としがある場合もございます。
ご入稿前に一度データに不備がないかご確認下さいますようお願いいたします。

入稿時の注意点
・カラーモードはCMYKでお願いいたします。RGBでも入稿は可能ですが実際の仕上がりと元のデータの色と差異が生じる場合がございます。
※CMYKでご入稿頂いた場合でも弊社で使用している出力機とお客様ご利用のプリンター・モニターとの環境の違いで若干色味が違って出来あがる場合がございます。
・イラストレーターに画像を配置する際には画像を必ず埋め込みにしてご入稿下さい。
・複数ファイルがある場合は必ずzipファイルにしてご入稿下さい。
・パスは全てクローズパスで作成して下さい。オープンパスがある場合はデータ不備となります。またaiデータの場合カットラインはアウトライン化せずにご入稿下さい。
・カットラインはパスでなく手描きの物でもご入稿可ですが、実際にアクリルをカットした際に一部形状が変わってしまう可能性がございますのでパスでのご入稿を推奨しております。
【ご注意を!】
PSDデータでの入稿の際、カットライン仕上がりははillustratorデータに比べ、若干ゆがみが発生いたします。例えば、正円などのデザインの場合は、若干ですが、ゆがみがある円になります。ソフトと機材の特性上、どうぞご了承をお願いいたします。

完全データ入稿 対応画像形式
AI・PSD・EPS形式…レイヤー情報は保持したままご入稿下さい。


完全データの作成方法

入稿の際にはレイヤーごとにわかりやすく名前をつけ、不要なレイヤーは削除してください。

レイヤーの説明
イラストの配置
黒ベタの作成法
カットとの隙間について

ご注意ください!

機械の都合上カットラインと印刷のズレがどうしても生じます。(1mm~前後)
細かいパーツや、カットラインに沿ったデザインの場合、より目立ちやすくなります。
どうぞご了承くださいませ。

カットラインを制作される場合は、カット位置とプリント位置に1mm前後のズレが生じる場合がありますので、イラストとカットラインの間を3mm~前後の間隔を開けていただけるとズレが目立ちにくくなります。

上記の理由により、ズレが生じることが難しいデザインの場合、ご対応をお断りさせていただく可能性がございます。
ご了承くださいませ。

※PSDデータで作成する場合、カットライン部分は「黒ベタ」で作成をお願いいたします。その際、レイヤー名は「カットライン」としてください。

両面印刷について
良い例・悪い例
白押さえ
両面の透かしについて

アクリルスタンド作成について

本体サイズ、ツメのサイズについて
ツメの結合方法01
ツメの結合方法02

アクリルスタンドの接合の注意点

アクリルスタンドとキャラクター本体の接合について、弊社の基準による測定で製造をしております。スタンドの抜き差しにおいて、緩いまたは固いなど感じる場合がございますが、あくまでも個人差によるものとさせていただき、この理由においてスタンドの交換・返品などのご対応は出来かねます。どうぞご理解とご了承をお願いいたします。

面付けについて

アクリルグッズドットコムでは、サイズによる定額制です。そのため、サイズ内であればどのような面付けをしても可能です。
面付け説明001
面付け説明002